読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

ひとりぼっち惑星の受信メッセージ06

 

ははは
なんだか わらっちゃうね

 

いや
わらわれ ても
なにが なんだか
わからないか

 

まぁ そういう ぼくも
ほんと なにが なんだか
わからないん だよ

 

もう なにも かも
おてあげ というか さ
どうする こと も
できないし

 

じぶん が どうにか
したい の かも
わからないし さ

 

わらう しか ないんだよね
ははは

 

はぁ

 

もう ほんと
いやに なるよ

 

こうやって みじめに
ちきゅう に
こえ を おくってる

ぼく じしん も
なにも かも


これ を
ちきゅう で
きいて いるのは
だれ だい?

 

にんげん かい?
じんこうちのう かい?


それとも

 

せいたい へいき くん
かい?

 

もし ほんとうに
きみ だったら
ぼく は この ひろい
うちゅうで もっとも
みじめ な そんざい
かも しれないね

 

なにせ
ぼく が
つくった ん だから さ
きみ は

 

まさか
あんな ことに
なるとは おもって も
いなかった けどね

 

いや
まあ この はなし は
やめて おこう

 

さんざん みんな に
いろいろ と いわれたし
これ を きいてる の が
きみ とも かぎらない  だろ?


それで
そろそろ
なんで こうやって
ちきゅう に こえ を
おくってるか って
はなし なんだけど

 

いま ぼく が
いる のは
ぼく が かってに
えりーぜ って よんでる
ほし なんだ

 

ぼくたち は
いみんせん で
このほし まで
やって きた

 

あ ぼくたち って
いうのは
この いみんせん の
めんばー というか

 

もともと
おなじ けんきゅうじょ の
なかま だった ひとたち
なんだけど

 

けつろん を いうと
その えりーぜ という
ほし で

 

ぼく は ひとり に
なって しまったん だよ


いきさつ は まあ
かんたん というか
おろか というか

 

ぼくたち は
ちきゅう が もう
どうしようも ない
じょうきょう に
おちいった あのとき

 

けんきゅうじょ で
かいはつ した
いみんせん に

 

ぼくたち だけで
のりこんで
ちきゅう を
あとに したんだ

 

ぼくたち が
かいはつ した
いみんせん は

 

にんげん を
こーるどすりーぷ させて
ちょう ちょうきょり の
いどう を
かのう に した
ふね だった

 

ねてる あいだ は
じんこうちのう が
じどう で

 

にんげん が くらせる
ほし を さがして
くれるん だよ

 

すごい だろ?
すごい のさ

 

でも けっきょく
うまく は いかなかった
けどね

 

なが すぎ たんだよ
あまり にも

 

この えりーぜ に
ついた とき


ぶじに
こーるどすりーぷ から
め を さました のは
ぼくだけ だった

 

あと の みんな は
め を さまさな かったり
め を さましても
すぐ に からだ が
くさって しまった

 

だから ぼくは
ひとり なのさ

 

この なにもない
うちゅう の
なにもない ほし で
ひとり きり

 

それに
かくいう ぼくも

 

この えりーぜ に
あった なぞ の
うぃるす に かんせん
して しまって

 

あと いちにち も
からだ が もたない
と おもう

 

かいせき は している
けど しんこう が
はやすぎて

 

もう おそらく
どうしようも ない