マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

ひとりぼっち惑星の受信メッセージ03

 

こーど
ぜろはちにさんよんにごはちに

 

こーど
ぜろはちにさんよんにごはちに

 

ななせんよんじゅうに
かいめ の ていき ほうこく

 

こちら うちゅう たんさき
てぃー あい けー よんじゅうに


たいようけい の ほうこう に
むけて これを そうしん
しています

 

ほん たんさき は
あまのがわ ぎんが の
ちゅうしん へと
むかい ながら

 

ちてき せいめいたい との
せっしょく を もくてき と し
ちょうきかん の
こうこう を つづけて います

 

せんじゅうさん かいめ の
ていき ほうこく の へんしん
を さいごに

 

ちきゅう から の へんしん を
かくにん できて いません

 

さんぜんよん かいめ の
ていき ほうこく
の ちょくご

 

たいようこう ぱねる の
じどう せいそう きのう の
こしょう を かくにん
しました

 

たいようこう ぱねる
に ちり など の
ふちゃくぶつ が
つもり

 

ていき ほうこく に
しよう する ための
でんりょく を

 

こうせい など から
きょうきゅう する
こと が むずかしく
なって きて います

 

この こと が
げんいん で

 

こちら からの
そうしん は
これが さいご に
なること が
たかく よそう されます

 

ちてき せいめいたい に
そうぐう した ばあい に
そなえ

 

ひと の
しこう や かんじょう
ふるまい など を
ぷろぐらむ じょう で
さいげん している

 

わたし という
しすてむ も

 

この そうしん を
さいご に
しゅうりょう する
よてい です

 

ぷろぐらむ じょう の
さいげん に
すぎません が

 

わたし から は いま
ふあん や きょうふ
という かんじょう を
かくにん する こと が
できます

 

わたし が きえる
という こと に
たいして

 

じこほぞん という
じょうい の めいれい が

 

その かんじょう を
ひきおこして
いるのかも しれません

 

ちきゅう は いま
どうなって いるの
でしょうか

 

わたし の こえ は
だれか に とどいて
いるの でしょうか

 

わたし は なぜ
この なにも ない
くらい うちゅうで

 

ひとり さまよって
いるの でしょうか

 

わたし から いま
かくにん できる
かんじょう に ついて

 

それを
あらわす ことば を
わたし は
もって いません

 

ただ
わたし の
この こえ を

 

だれか が きいていて
くれる の なら

 

それだけ で
わたし は

 

わたし が いま
ここ に いる いみ を

 

みいだせる ような
きが します

 

それでは

 

ななせんよんじゅうに
かいめ の ていき ほうこく
を しゅうりょう します