マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

ひとりぼっち惑星の受信メッセージ02

 

ちきゅう の かた
こんばんは

 

あ ちがう わね


そちら だと
こんにちは
かも しれない わよね

 

うちゅう に いると
ずっと よる だから
もう こちら では
こんばんは
しか つかわなく
なって いるの

 

えっと くわしく は
しらない の だけど
この こえ は
ちきゅう に むけて
そうしん しつづける ように
してくれている みたいで

 

なので
もし ちきゅう で
この こえ を きいている
かた が いらっしゃれば

 

つまらない はなし
なの だけど
もうすこし みみ を
かたむけて
いただけない かしら

 

わたし が いま
いるのは
いみんせん
でぃー よんまるはち
という おおきな うちゅうせん

 

もしかすると ごぞんじ
かも しれない けれど

 

この ふね は
ちきゅう から でて
わたし たち が
へいわ に くらせる
ほし を さがすために

 

ながい ながい
とき の あいだ
うちゅう を さまよい
つづけて いるの

 

わたし は ことし で
ろくじゅう に なる
おばあちゃん だけど


わたし の
おばあちゃん も
その また おばあちゃん も

 

この ふね で うまれて
この ふね で そだってる
という はなし だから

 

ほんとう に
ながい あいだ
なにもない うちゅう を
さまよい つづけて
いるのよ

 

ほかにも たくさん
おなじ ような ふね が
あった みたい だけど


おたがい どこに いる
かは わからない


でも わたし が
この ふね に いるのは
いま わたし が
この こえ を ろくおん
している とき の はなし

 

この こえ が
ちきゅう に むけて
おくられて いる ころには

 

わたし は
この こえ を
そうしん しつづけ ながら

 

ちきゅう に むけて
うちゅう を まっすぐ に

すすんで いる

ひつぎ の なか に

いる こと でしょう

 

いる って いうと
おかしい かしら

 

わたし は もう
しんで しまって
いる ものね

 

この ふね には
ひとつ
きまりごと が
あるの

 

それは ねんれい が
ろくじゅう を
こえた ひと は
もう ふね には
いられない ってこと

 

おおきな ふね でも
そこで ひと が
じゅうぶん な せいかつ
を おくるには
げんど が あるから

 

ながいき しちゃうと
みんな の めいわく に
なるでしょ

 

だから
ひつぎ に はいって
ふね から でないと
いけない のよ

 

でも もう
むすこ や むすめ も
りっぱ に そだてたし


まご の かお も
おがむ こと が
できた から

 

なに も くい は
のこって ない


わけ では ない けれど
うけいれ られない
ほど では ないのよ

 

それに
あのひと も
もう ふね から
でて しまったもの

 

あのひと は ちきゅう が
だいすき だったわ

 

しおからい みず が
たくさん ある
あおい うみ の はなし や

 

てんじょう の ない
あおい そら の はなし

 

くも っていう しろい かたまり
が ぷかぷか そら に
うかんで いる のよね

 

ひつぎ が すすむ
ほうこう は そのひと の
すき に えらべる の だけど

 

あのひと は
むかし から ずっと
ちきゅう に いく って
いって いたわ

 

だから わたし も
ちきゅう を
えらんだ の だけど
わたし も なんだか
たのしみ なの

 

この め で
みられる わけ じゃ
ない の だけど

 

あおい うみ や
あおい そら
ぷかぷか うかぶ
しろい くも が

 

わたし の こころ に
ひろがって いる
ような
きがして いるのよ

 

そういえば
ちきゅう に ひと が
いるか どうか

 

あのひと は
わからない って
いってた けど

 

わたし は なんだか
いる きが します

 

かくしょう も なにも
ないけれど
へいわ に くらして
いるんじゃ ないかしら

 

えっと
それじゃあ


いつか
わたし の ひつぎ が
ちきゅう の そば を
とおる と おもう ので

 

そのとき は
よろしく おねがい
しますね

 

あいさつ は
こんにちは が
いい かしら