読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

ひとりぼっち惑星の受信メッセージ01

 

あ あ
きこえるだろうか

 

こちら は
いみんせん のあ
ちきゅう へ むけて
この こえ を そうしん
している

 

この こえ が
ちきゅう の だれかに
とどく の か どうか
おれたち に は
わからない

 

でも


もし この こえが
とどいている の なら
ちきゅう は もう
だいじょうぶ だという
こと なの かな

 

ふくざつ な
きもち は あるが
それは すなお に
よろこばしい こと
なのだろうね

 

ある くに が

かいはつ した
せいたい へいき の
ぼうそう が
じんるい の せいぞん を
おびやかし はじめた とき

 

おれたち は
ちきゅう から
でる こと に
したんだ

 

みず や たべもの
あらゆる もの を
ふね の なか で
まかなえる しすてむ
を つくって

 

ほかの くらしやすい
ほし を さがそう
という ような


むかしの えいが
みたいな こと を

 

まさか じぶん たち
が する とは
おもわなかった けどね

 

とにかく
その けいかく も
うまく いっていた のは
さいしょ だけ だった

 

いや いま おもえば
その さいしょ も
ほんとう は うまく
いって なかった の
だろう

 

おおきな ふね でも
のれる にんずう は
かぎられて いて

 

かね や けんりょく
あらゆる ちから を つかい
よわい もの を
けおとした もの だけが
この ふね に のる
けんり を えた

 

そのとき の

ひとびと の みにくさ
と いったら そうぜつ な
もの が あったよ

 

かくいう おれ も
つま や むすめ の
ために
たくさん の ひと を
けおとし た ひとり だ

 

けっきょく この ふね の
ちつじょ を ほうかい
させた のも
その にんげん という
そんざい の
みにくさ だった

 

たいようけい けんない
から やっと そと に
でられた ころ には

 

ほんの ひとにぎり の
つよい ちから を
もった もの だけ が
ふね での ゆたかさ を
どくせん する ように
なって いた

 

よわい もの は
どれい に なるか
ころされる か しか
なかった

 

おれ は
かぞく を
まもる ことが
できなかった

 

つま も むすめ も
ころされる よりも
ひどい こと を されて
ごみ の ように
すてられて しまった

 

ほんとう に
にんげん という のは
みにくい そんざい だ

 

いまに
なってみれば
おもう

 

もし あの
せいたい へいき に
いしき が あった と
すれば

 

おなじ かんがえ を
いだいて いたに
ちがいない

いま
この ふね は
めのまえ に ある
しょうわくせい からの
かいひ うんどう を
とっている

 

そして おれは
き が とおく なるくらい
ながい
ほうこう の すえ に

 

ふね の そうじゅう を
まかされる けんり を
てに いれた

 

おれ は
この しょうわくせい を
かいひ する
つもり は ない

 

この ふね に いる
にんげん は

ひとり のこらず
この せかい から
きえさる べきだ

 

でも

 

ただ ひとつ
こころ のこり が
あって

 

この こえ を
そうしん し つづける
びーこん を
のこしている

 

どうか もし そちら に
ここまで こられる ような
よゆう が あれば

 

よゆう が あれば で
かまわない の だが

 

おれたち の したい を
ひろいに きて
くれない だろうか

 

どうなろうが
かまわない もの
ばかり だが

 

つま と むすめ が

 

どこかに
かならず
いるはず だから