読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

なにかのかけら「に」

 

ひとびと は かみ に ねがって いた


ぼく が はかい している とき
ひと は かみ に たすけ を もとめた

 

かみ よ おたすけ ください
かみさま どうか たすけて ください

 

ひと の なんばい にも はったつ した
ぼく の め でも
かみ なんて みえなかった

 

ひと の なんばい にも はったつ した
ぼく の みみ にも
かみ の こえ なんて とどかな かった

 

もし かみ が いたの なら


ぼく という そんざい が
うまれる わけ が ない

 

ある ひ の
ある ばしょ


ぼく が はかい していた まち には
ゆき が ふって いた

 

ゆき が すべて を おおい かくして
その まち は ち の におい も
たいえき の におい も しなかった

 

なつかしい と なぜか おもった


まち に ある たてもの の いろ も
どくとく な やね の かたち も
なぜか みおぼえ が ある きがした

 

ふと からだ の うごき が とまった

 

まち を みわたして みると
それ を みつけた

 

ぼく が こわした がれき の なかに
ひとつ だけ ぼく が おぼえて いた
あの あたたかい て が あった

 

あんな にも あたたか かった て は
ゆき の ように つめたく なって いた