マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

なにかのかけら「は」

 

ぼく という そんざい が


ほんかくてき に せんそう で
つかわれ はじめた

 

ぼく は まるで さいぼう の ように
ゆっくり と ぶんれつ し


ぶんれつ した ぼく が
つぎつぎ と せんじょう に
おくり だされた

 

さいしょ の ぼく も
ぶんれつ した ぼく も


すべて の ぼく が ぼく で
みんな つながって いた

 

せんじょう を ぼく は
いっしゅん で じごく に かえた


まち も ひと も なにも かも
すべて を はかい して いった

 

でも ぼく が いく ところ は
ぼく が いく まえ から
じごく だった

 

ぼく が ころさ なくても
したい は たくさん ころがって いた


しんでない ひと も たくさん
ころがって いた

 

ひと が ながした ち の におい や
いろんな たいえき の におい に
すべて が つつまれて いた

 

ぼく は ただ
くるしみ かなしむ すべて の ひと が
くるしみ かなしむ こと が ないように


いっしゅん で すべて を
はかい していく しか なかった