マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

なにかのかけら「ろ」

 

ぼく は もともと ひと だった

 

いま せかい では
おおきな せんそう が おきて いて


たくさん の ひと が
うばわれ
ころされている

 

ぼく は その
うばわれ じっけん に つかわれた
ひとびと なか の ひとり だった

 

ぼく は じゅっさい いか の
こども の のう に

 

て を くわえる ことで
つくり だされた そんざい


なの だから
ぼく は こども だった の だろう

 

ひと だった とき の
きおく は ほとんど なかった

 

ひとつ だけ おぼえて いる のは
とても さむい ひ に
て を つないで あるいた ひと の
あたたかい て の こと だった

 

それが だれ かも わからない けれど


その て が とても あたたか かった
こと だけ は


せんめい に おぼえて いる