読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

新生3周年おめでとうございます。

 

早いもので、新生3周年ですね。

私自身、これだけ同じゲームをやるというのは初めてですし、

これからものんびりと続けると思います。

 

 

 

皆さま、何卒よろしくお願いいたします( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

私がエオルゼアを始めたのは、新生発売前のβテスト

3回目のβテストでした・8・

 

 

 

当時は、まったくやる気もなく仕方なく始めたんですよ。

 

 

 

家族の強い推しと漁師とか木こり出来るんだよ!

という言葉に惑わされ、渋々始めたのがきっかけでした。

 

 

 

元々、あまりゲームは得意じゃなく、

RPGならドラクエや俺の屍を超えていけぐらいで

アクティブな戦闘のゲームをやった事もなく、

 

 

 

その時もファンタジーライフというゲームをのんびりと

1日1時間程度やってたぐらいだったので、

そういう感覚で始めたんですよ・8・

 

 

 

 

 

そしたら戦闘職上げないと釣りも出来ないという…^p^

(FFだもん、そうだよなぁww)

 

 

 

 

 

初っ端から詰みました…_(:3 」∠)_

 (レベル5のメインクエがクリア出来ないというね…)

 

 

 

 

そんなオジサマ好キーな私が最初に選んだのはラムウ

そこでお髭のルガディンではじめました・8・

 

 

 

まぁ、MMOも初めてだったので、チャットも打てない訳ですよ。

 

 

 

一緒にやりたがった家族の猛反対を受けて、

(むさ苦しいオッサンに回復されても精神的なダメージが残る等々)

マンドラゴラ鯖ララフェルでキャラを作り直しでスタートしました;3;

 

 

 

小さいララフェルだったら斧じゃね?と斧術士で始めたものの

斧術ギルドにたどり着かないわ、低地ラノシアのメガネ橋に行けないなど

 

 

極度の方向音痴と迷子スキルを発動。

 

 

アクティブなゲームが初めてだった私は範囲攻撃が避けられないという

致命的なゲーム下手のため、これを勧めた家族に思いっきり笑われた後に、

死なないように幻術士を勧められて現在に至ります;・3・;

 

 

 

自己回復出来れば、死ぬ確率減るもんねぇ…_(:3 」∠)_

 

 

 

 

そんな私も3年もやってるので

人並みには動けるようになりました^p^

 

 

 

 

マンドラゴラ鯖から家族の職場の同僚がいるクジャタへ移動。

 

 

 

クジャタを拠点に、短期間ですがバハ鯖行ったり、グング鯖に行ったり。

 

 

 

現在はアニマ鯖で大好きな相方さんと

細々とスローライフを楽しんでおりまする(๑´ㅂ`๑)

 

 

 

 

チャットのみのお付き合いですが仲良くして下さるフレさんにも恵まれて、

日々楽しく遊ばせて頂いております(*´艸`)

 

 

 

 

皆さま、本当にありがとうございます。

 

 

 

 

私のお察しの戦闘センスでは、エンド以前に今後増えるIDすら不安なのですが、

今まで通り、のんびりとした時間を過ごせていけたらなと思います。

 

 

 

 

 

 

 

新生3周年、おめでとうございます。

これからもこのエオルゼアの世界で皆さんと楽しい時間を共有出来ますように。

 

 

3.4でくるらしい水槽を励みに今日も頑張ります・8・

 

 

こんなのんびりさんですが、今後とも変わらぬお付き合いのほどを

皆さまよろしくお願い申し上げます。