マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

シルバーハウスのピンクの庭師27

家主さまのお役に立てる男になるべく

僕は後ろ髪を引かれながらシルバーハウスを後にしました。

 

 

 

グリダニア、ウルダハをまわりお手紙を届けてきた僕に

今度は西ラノシアに向かってほしいとの事…。

 

 

 

僕に出来る事があるのならと、

西ラノシアの指定の場所を訪れた僕の目の前で

とある冒険者たちが仲間をイジメてるではありませんか!

 

 

 

 

f:id:anyumaru:20160821171317j:plain

みなさん落ち着いてーー!!

 

 

 

そんな子供みたいなイジメやめてくださーい(;ω;)

 

 

 

ガクガクしながら僕は声をかけたけど、関係ない奴はすっこんでろと言われ、

気になりながらも僕は渋々調査に向かいました。

 

 

 

 

あの人、大丈夫かなぁ……。

 

 

 

 

心配しながらも、何とか調査を終え出てきた時には

あの人達はもういませんでした。

 

 

 

あの人、可哀想だな…、僕も迷惑掛けないように

もっと頑張らなきゃ…。

 

 

 

 

 

シルバーハウスに戻った僕に家主さまからお手紙が届いており

急いで中を見てみると、心のこもった贈り物が届いているではありませんか!!

 

 

 

 

 

f:id:anyumaru:20160821172539j:plain

 

グレイシャルコート…!

 

 

 

 

僕の送ったラノシアオレンジのお礼にと、

金色のグレイシャルコートを家主さまがプレゼントしてくれたのです!

 

 

 

家主さまは僕をいつも見てくださっている。

 

そう思ったら、さっきまで落ち込んでた僕の胸が

じんわりと温かくなった気がしました。

 

 

 

 

 

f:id:anyumaru:20160821172748j:plain

 家主さまがくれたコート、僕に似合うかな?(´▽`*)

 

 

 

 

家主さま、ありがとうございます!

僕、これを着てまたいっぱいのラノシアオレンジを送りますね。