マンボウメンタル

マンボウのようなメンタルの管理人が綴るFF14エオルゼアでの出来事

シルバーハウスのピンクの庭師10


今日も僕は家主さまが新しく植えてくれたパールジンジャーの成長を
とっても楽しみにしながらお世話をしておりました。



以前、僕の心をとらえて離さなかった彼女も、

あの日から一度も会う事はありません。

 

 




やっぱり、夕陽が沈む前に
キチンとプロポーズ出来なかったのが原因でしょうか…?




 

 



彼女との思い出をかみしめながら、
家主さまのお屋敷に入るとすぐそこにはスケ嬢専用のツボが……。

 

 


Anyu Gardener 2015_05_18 07_35_47


「ここで待ち伏せして二人のラブラブを観察するの!」





そんな風にひまわりの如く明るい笑顔で笑った彼女は
今は金髪に染めてクジャタの夜の街を疾走していると風の噂で聞きました。




僕には出来なかったけど、
どうかあの素敵な笑顔の彼女が幸せになれる人と出会えますように…。





Anyu Gardener 2015_05_18 07_34_44


そんな事を思いながら僕は

シルバーハウスのいつもの場所で夜景を眺めて眠りにつきました。